丸一日観光に使える夜行バス

夜行バスは出発地も到着地もいくつかの乗降場所が用意されていて、夜の9時から11時位に出発をし翌朝5時から7時位に現地に到着をします。そのため、当日の早朝に自宅を出発するよりも早い時間から観光が楽しめ、遠い場所になるほど一日をより有効に活用することができます。また、帰りも夜行バスを利用すれば出発は夜の遅い時間なので、現地の夜景を楽しんだり居酒屋やバーなどお酒もゆっくりと楽しむこともできます。 人によって仕事の休みはさまざまで、連休がなかなか取れないという職場の人も多いものです。一日だけの休みでは日帰りでなかなか遠くまで行くのは難しいものですが、夜の間に移動するのならば日帰りでは考え付かないような遠い場所までも行くことができます。バスの出発時間は遅いので仕事が終わった後でも自宅に戻って食事と風呂を済ませてから乗車するにも間に合う時間であり、翌々日の早朝には戻って来れるので仕事の時間にも間に合わせることができます。 バスで就寝して現地での宿泊をしないので宿代を抑えることもできるのでリーズナブルな旅にすることができ、現地では丸一日観光に使えるので効率よく楽しむことができるためとても人気があります。

夜行バスを使って寝ている間に目的地へ

新幹線や特急電車よりもリーズナブルな価格で利用ができるバスでの旅は、旅行代金の予算を抑えたい人や現地での行動で予算を使いたいという人にぴったりの手段です。また、カレンダー通りの休みではなく休みはシフト制という人には連休が取りにくいという職場である人も多く、一日だけの休みでも効率よく遠くまで旅するのにも最適です。 夜行バスは夜の10時から11時位に出発するので、仕事が終わって自宅に戻り入浴と夕食を済ませてからでも十分間に合う時間なので安心です。休みの前日に乗車すれば、次の日の早朝には現地に到着するので休みを朝から一日満喫することができます。帰りは同様に現地で夜に乗車すれば早朝に戻って来ることができるので、出勤時間にも間に合わせることができます。バスはいくつかの乗車場所で乗客を乗せ、全員が乗車した後はカーテンを閉め電気が消されて消灯になるのでゆっくりと就寝することができます。バスの車内にはトイレが常設してあり、一般的な観光バスでは何時間かに一回はトイレの為に起こされることもありますが、その心配もありません。 忙しい人を始め、時間を有効に使いたいという人には寝ている時間を移動時間に当てられるバスの旅が向いています。

新着情報


旅行情報のランキングサイトTripTips

アンケート調査データを元にランキングを作成している旅行情報サイト。